岸朝子を演じる『森迫永依』だれ?経歴は?子役時代の画像あり【ヒロイン誕生】

俳優

こんにちは、mayMayです。

時代を切り開いたドラマティックな女性たちの生きざまにドキュメントとドラマで若手女優が迫る番組、『ヒロイン誕生!ドラマテックなオンナたち』に、森迫永依さんが出演されます。

今回のヒロインは「岸朝子」さん。

そう、人気番組『料理の鉄人』の審査員の一人で、

「おいしゅうございました」と話されていた方です。

どういうふうに紹介してくれるのか、楽しみですね。

太田プロHP
スポンサーリンク

森迫永依 プロフィール

  • 名前     森迫永依(もりさこ えい)
  • 生年月日   1997年9月11日
  • 出身地    千葉県印西市
  • 身長     158㎝
  • 血液型    O型
  • 特技     英語(英検1級)、韓国語、中国語、サックス
  • 大学     上智大学
  • 職業     女優
  • 事務所    太田プロダクション

中学・高校は、私立の成城学園中学校・高校だったようです。

高校は内部進学で決めたようですが、大学は内部進学できる成城大学ではなく、上智大学に進まれています。

高校2年生になってからは、仕事もセーブし、受験勉強に時間を注いでいったようです。

高校3年生には英検1級を取得されています。

学部は明らかになっていませんが、森迫さんが

「すべての授業を英語で受けています」と発言したことにより、

総合グローバル学部ではないか、、と言われています。

TOEICのスコアは970点とのこと。

すごいですね。

さらにすごいのは、英語だけでなく、韓国語・中国語が話せるというところ。

日本語と合わせて4か国が話せるクワドリンガルさんですね。

先日のあるテレビ番組で、

「K-POP全般が好きで、髪色は推しといっしょにしちゃいます」

「押しへの課金は大事」

中学生の頃、K-POPのライブを見るために何度も日本と韓国を行き来するなど、

「たぶん200万円くらい使ってました」と話して話題になっていましたね。

そんなK-POP好きが高じて、韓国語が話せるようになったのかもしれません

また、森迫永依さんの母親は、中国人とのこと。

中国語は身近にあったというところでしょうか。

父親は日本人なので、ハーフということになります。

自分の周りにきっかけを見出し、語学を習得できる森迫永依さんは、がんばりやさんであることは間違いないのでしょう。

最近は、5か国語目になるフランス語も勉強し始めたことを明かしています。

wiki に、『勉強が得意』と記されているのが納得できます。

日本語・英語・韓国語・中国語(+フランス語)を話せるということが、これからの女優人生を変えていくことになるかもしれませんね。

楽しみです。

スポンサーリンク

森迫永依 経歴

1997年生まれで、2001年には劇団に入団されています。

2003年ドラマ『あした天気になあれ』に出演し、注目を浴びました。

その後もドラマ、映画、コマーシャルに出演。

2006年には、実写版『ちびまる子ちゃん』で主役のまる子を演じて大ブレークしました。

まる子ちゃんと聞いて、あ~、あの子なんだ・・・と思われる方も多いのではないでしょうか。

現在は、日本テレビ系列「スッキリ!」でコメンテーターを務めるなど幅広く活躍されています。

「プレバト」や「東大王」でも見かけたりしますね。

SNSでは、番組の衣装姿や私服ショットをアップされたりして話題になっています。

スポンサーリンク

森迫永依 子役時代 画像

NHK「ヒロイン誕生!ドラマチックなオンナたち」に出演

時代時代の「ヒロイン」として圧倒的な輝きを放ち、後世に語り継がれる伝説を作り、まるでドラマのような人生を送った女性たち。

その女性像に、若手女優自身が取材や様々な体験を通して深堀りしていく様子を映し出します。

人生を分けた重要なエピソードをドラマ化し、若手女優が自ら「ヒロイン」として演じます。

今回は、料理番組で「おいしゅうございました」の決めセリフで人気を博した料理記者・岸朝子さんを描いています。

プロの料理と家庭料理を近づけ、「食は命」を胸に料理の大事さを訴え続けた岸朝子さんの生きざまに、若手女優・森迫永依さんが迫っていきます。

楽しみですね~。

NHK
スポンサーリンク

まとめ

  • 『ヒロイン誕生!ドラマチックなオンナたち』岸朝子に迫るのは、森迫永依
  • 森迫永依 子役時代に実写版『ちびまる子ちゃん」に出演
  • 森迫永依 成城学園中学・高校、上智大学卒業
  • 森迫永依 ハーフでクワドリンガル

森迫永依さんについていろいろなことがわかりました。

もうすぐ、話せる言葉が4か国語から5か国語になりそうですね。

これからの活躍が、ますます楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました